1.はじめに

世界にあふれる物語は
文字となって紙に乗り
時空を超えて私たちの時代にやってきました
日本では和紙の古典籍、古文書などが
雄壮な戦国絵巻、せつない恋物語、怖くも魅かれる妖怪伝説
そして全国の多彩な歴史を今に伝えます
そんな古い書物は文字のみならず、なんとむかしの生き物も包み込んで残していたのです
ちいさな命と共に暮らした、昔の日本
生き物は原料の和紙に漉き込まれたり
読書後の本に挟まることがあったのです
しなやかで強い和紙をタイムマシンに、現代へやってきた昔の生き物のなきがらは
しかし
ゆえなく殺虫剤をかけられるか
ゴミだと息でふきとばされて「おしまい」になっておりました・・・
・・・そこで
「おしまい」にせず
そのなきがらと古文書を融合したところ
文字にはないあたらしい世界があらわれました
時と場所の要素が詰まった彼らは 情報の宝庫だったのです
地球最大の多様性を誇る昆虫の、時を超えてやってきたお話です〜

 

  • 本サイトは管理者深川博美の研究「古文書昆蟲学」において集めたデータの蓄積・活用・公開を目的として、生き物文化誌学会の助成金を受けながら2018年に開設したものです。
  • 本学は、意図的に収集する標本とは違う生物と、古文書の持つ時代と地域のデータを融合させて、生物遺体の存在を生物学的考察により「翻訳」し、過去の環境を復元します。
  • 本研究で扱う生物は、長いもので数百年単位の時間を経ているため、同定(生物の種名を特定する作業)が難しく、データ更新に時間のかかる場合があります。
  • 本学は、全ての生物はメッセージをもつというポリシーにたっています。よって文化財害虫駆除の知識は掲載しません。また、虫と歴史背景を組み合わせ、年代比較や文化的側面を思考することに重きをおくため、古文書の中にいる虫のみを集めたり、化学分析のみを成果とすることは行いません。
  • 当サイトに掲載の写真は全てサイト運営者に帰属します。